トレッド摩耗

トレッドの摩耗は、ドライバーの安全と車両性能に直接影響します。ドライバーは、定期的なトレッドの摩耗の点検法を熟知することが不可欠です。

トレッドの摩耗は、ドライバーの安全と車両性能に直接影響します。ドライバーは、定期的なトレッドの摩耗の点検法を熟知することが不可欠です。

トレッド摩耗点検の重要性

タイヤ表面の溝が深くなればなるほど、タイヤのグリップは強くなります。トレッドの摩耗を定期的に点検することで予期せぬ事故を防ぐことが出来ます。

望ましい点検間隔

ハンコックタイヤでは、少なくとも月に1回はトレッドの摩耗を点検されることをお奨めしています。また、長距離走行の前後に必ずもう一度点検してください。

tread-wear-indicator
< タイヤのトレッド摩耗インジケーター >

トレッド摩耗インジケーターを用いたトレッド摩耗のチェック

タイヤトレッド用深さゲージを使うか、溝の底でトレッド摩耗インジケーターを確認して溝の深さを点検することができます。溝の底の位置はショルダーに「▲」の印がついたところです。溝の深さが2mm未満になったときタイヤを交換し、最適な安全性と性能を確保してください。


TOP

It is