デザインイノベーション

当社のビジョン「ドライビングの進化への貢献」を達成するために、コンスタントなデザインの改善を通じて、未来志向型のダイナミズムと改良を取り込んでいます。

当社のビジョン「ドライビングの進化への貢献」を達成するために、コンスタントなデザインの改善を通じて、未来志向型のダイナミズムと改良を取り込んでいます。

Hankook Tireデザインイノベーション2020
「アーバンリシェイピング」

デザインイノベーションとは、世界中の主要なデザイン系大学と共に未来のスマートシティと新たなモビリティを計画し、タイヤを中心にしたタイプの様々なモビリティを提唱するプロジェクトの事です。

 

2020年、当社は「アーバンリシェイピング」というテーマの下に、環境に優しい自動運転や人工知能(AI)などの最新の都市を根底から変容させる高度なテクノロジーと自動化インフラを利用して強化された未来の環境における、単なる移動手段としてではなくライフスペースとしてのモビリティというコンセプトの実現を達成するために、アメリカ合衆国シンシナティ大学のインダストリアルデザイン学部の教授と生徒と協力しました。

 

「モビリティの本質はタイヤにあります」

当社はH.E.M.(Hankook電子モビリティテクノロジー)に基づいた可動モジュラープラットフォームを提唱しました。これはHankook Tire & Technologyのテクノロジーブランド、すなわち「HPS(Hankookプラットフォームシステム)-セル」です。

 

HPS-セルは、タイヤを中心にしたドライビングプラットフォームです。これはモジュラー化されているので、動作における効率性を提供し、様々な目的のためのポッドを組み合わせる事によって動きの主体に最適化されたサービスを提供するする事を目指しています。当社は、移動と生活空間としてのモビリティという新たなコンセプトの責任を担うプラットフォームにおいてタイヤが中心的な役割を果たす事を明確に述べるシナリオを作り上げました。

 

Hankookプラットフォームシステム(HPS)-セル

HPS-セルは、都市のあらゆる状況における安全な移動を保証する事を目指し、ドライビングシステムの効率性を最大化します。2つのホイールで構成される1つのプラットフォームは、ポットの形状に応じて8個から10個のホイールに拡張する事ができます。この2つの一般的な4ホイール形状がデフォルトの構成になります。これは、ポッドで構成される様々なタイプの電気エネルギーベースのモビリティに対応できるモジュラータイプの利点です。

 

HPS-セルのタイヤのコンセプト

「HPS-セル」のタイヤは、複数レベルの剛性を実現するために単位セル形状の構造が適用されているエアレスタイヤです。このタイヤは、リアルタイムでタイヤのトレッドと路面状況をチェックするための高度なセンサーを利用しています。また、摩耗によるリスクにも対応します。可変のホイールと最適化されたインフラが、路面状況に適合する事によってメンテナンスの効率性を最大化できるように自動的にトレッドのパターンを置き換えます。

 

摩耗した部分だけが分離され置き換えられるので、置き換え可能なトレッドはリソースの効率性の改善に貢献できます。これは半永久的なエアレス構造との相乗効果を実現し、未来の都市のための環境に優しいインフラに貢献します。


TOP

It is