当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

デザインイノベーション

当社のビジョン「ドライビングの進化への貢献」を達成するために、コンスタントなデザインの改善を通じて、未来志向型のダイナミズムと改良を取り込んでいます。

当社のビジョン「ドライビングの進化への貢献」を達成するために、コンスタントなデザインの改善を通じて、未来志向型のダイナミズムと改良を取り込んでいます。

2018年Hankook Tireデザインイノベーション
「移動を超えた未来の暮らしへ」

「デザインイノベーション」は、Hankook Tireが世界中の有名なデザインスクールと協力し、タイヤを通じて未来の運転に向けた新たなビジョンと解決を提案する研究開発プロジェクトです。2018年は、「移動を超えた未来の暮らしへ」というテーマに基づき、2035年を舞台にした未来の運転環境にふさわしい、新たな価値の創出に貢献できるタイヤシステムを提案しています。

タイヤシステムの進化から始まる未来の移動環境。

2035年には、完全自動運転車、ロボット、AIが日常的なものになると予想されます。そのエキサイティングな年に、 個人、公共、および商業的側面から、タイヤが未来の移動環境の新たなサービスにどのように貢献できるのか、3つの異なるコンセプトでアイデアを膨らませシナリオを描きました。

未来志向の考えとHankook Tireの世界レベルのテクノロジーの融合。

ロイヤルカレッジオブアート(RCA)の斬新なアイデアがHankook Tireのグローバルテクノロジーと融合し、AeroflowとHexonicという革新的なコンセプトタイヤが生み出されました。革新的な社内アイデアのHLS-23(Hankookロジスティックシステム)では、タイヤによるロジスティックシステムというコンセプトタイヤも提案されました。

 

下向きの力を最大限に高めた、革新的なワンシートのレース用タイヤ

下向きの力を最大化するために、分離式のトレッドでホイールを広げることで、タイヤのグリップを改良しています。内部ウィングとサイドファンによる空気の吸引と排気で、未来の都市環境におけるダイナミックな高速運転という夢を叶えます。

 

最適なドライビングコンディションを実現するスマートタイヤ

完全自動運転のシェアカーに適した可変タイプのタイヤです。このタイヤは、未来の都市の中心街において状態の変化を考慮します。統合型のスマートセンサーを使って道路情報を感知し、自動充電や自己診断を実施できます。センサーから収集したデータは、トレッドにブロックと溝を作るためにEAP(電場応答性高分子)技術によって処理されます。これにより、排水性とコーナリング性能が最大限に高められます。

 

Hankook Tireの未来のロジスティック輸送システム

分離式のトレッドを2列に配列し、各列の速度と方向を個別に制御して適切な回転ができるようにします。運搬物のサイズと重量に応じて、タイヤは個々に動作したり、一体として動作したりできます。道路の位置認識と自動充電を活用した走行で、持続可能なロジスティックサービスを保証します。


TOP

It is