プレスルーム

Hankook プレスルームにようこそ。ハンコックタイヤと業界に関する最新情報は、こちらで閲覧できます。

Hankook プレスルームにようこそ。ハンコックタイヤと業界に関する最新情報は、こちらで閲覧できます。
日時2021/06/04 ヒット853

カテゴリMotorsports

ハンコックFFFレーシングチーム、ニュルブルクリンクでの24時間クラシックレースに参戦

  • 市販のツーリングカーからGT3まで、全125台のマシンが参加しワークスドライバーやプロのドライバーと意欲的なアマチュアがコースを共有
  • ハンコックFFFレーシングチームは、このアイフェルのクラシックレースに向けて、万全の準備を整えており、約3週間前に行われた予選レースでの最終テストは、成功裏に終了した
  • ◦マシンのセットアップとピットストップの手順はすべて最適化されており、ランボルギーニウラカンGT3 EVOは、ハンコックVentus レーシングタイヤで完璧に走行アイフェル地方の象徴的なサーキットでのレースを成功させるための舞台は整っている。

2021年6月2日、ノイ=イーゼンブルク (ドイツ)
ニュルブルクリンクの24時間マラソンをめぐっては、多くの神話や伝説があります。グランプリコースと北コース(ノルドシュライフェ)を合わせた全長25.378kmのコースは、勝利の舞台であると同時に、多くのモータースポーツドラマの舞台となってきました。F1ワールドチャンピオンのジャッキー・スチュワートは、かつてノルドシュライフェを「緑の地獄」と呼びました。アイフェル地方の予測不可能な天候は、しばしば突然の雨や雹、さらには雪でドライバーを悩ませ、ニュルブルクリンク24時間レースを国際的なモーターレースカレンダーの中でカルト的なイベントにしている要因の1つです。

ハンコックにとって、ニュルブルクリンクは第2の故郷のようなものです。ハンコックは、過去にこのサーキットで何kmものテストを行い膨大なデータを収集してきました。また、ハンコックはさまざまなレーシングチームとともに、この24時間マラソンで最高の結果を残してきました。 今回初めてハンコックの支援でハイエンドタイヤVentus Raceを装着して参戦するFFFレーシングチームも、このアイフェル高原のサーキットで豊富な経験を積んでいます。イタリアのジャコモ・アルトエ、マルコ・マッペリ、ミルコ・ボルトロッティ、そしてフランスのフランク・ペレーラは、いずれもニュルブルクリンクで多くのレースを経験しており、「緑の地獄」の特異性や危険性をよく知っています。

最初の大きなテストが、6月3日(木)に行われる初めの2回のクオリファイレースの形で、63号車ランボルギーニウラカン GT3 EVO を待ち受けています。その後、金曜日には2段階のトップクオリファイが行われます。 24時間レースは、6月5日(土)15:30にスタートし、6月6日(日)15:30に終了する予定です。

グランプリコースのグランドスタンドには、科学的根拠に基づいて開発された観戦コンセプトにより、最大10,000人の観客を収容することができ、スタート/フィニッシュストレートに沿ったVIPラウンジもオープンします。

また、テレビ局Nitroが6月4日(金)18:15からトップクオリファイ1および2を放送し、6月5日(土)14:45からはレース本編をライブ中継しますので、ご自宅でレースをお楽しみいただけます。アイフェルのクラシックレースを、www.24h-rennen.de/en/live-2/のライブストリームで、最新の順位や結果は、www.24h-rennen.de/en/results/ でご覧いただけます。

ハンコックモータースポーツ・ヨーロッパディレクターのマンフレッド・サンドビヒラーはこう話します。「ニュルブルクリンクのことは熟知していますが、この伝説的な24時間レースに参加するのはいつも非常に特別なことです。ハンコックFFFレーシングチームは、ここで2日間のテストとファインチューニングを行いました。しかし、これまでの経験から、アイフェル地方ではどんなことでも起こり得て、予想していたこととは違う結果になることが多いことを知っています。私たちには強力なチーム、優れたドライバー、そして速くて安定したハンコックのレースタイヤがあるので、この耐久クラシックレースに自信を持って臨むことができます。」

ADAC24時間ニュルブルクリンクプレビュー1
ADAC24時間ニュルブルクリンクプレビュー2
ADAC24時間ニュルブルクリンクプレビュー3
ADAC24時間ニュルブルクリンクプレビュー4


TOP

It is