プレスルーム

Hankook プレスルームにようこそ。ハンコックタイヤと業界に関する最新情報は、こちらで閲覧できます。

Hankook プレスルームにようこそ。ハンコックタイヤと業界に関する最新情報は、こちらで閲覧できます。
日時2021/06/01 ヒット544

カテゴリCorporate

グダニスクで行われたUEFAヨーロッパリーグの決勝戦に、子供たちを招待!

  • ハンコック・タイヤは、UEFA Foundation for Children(欧州サッカー連盟子供基金)と共同で、UEFAヨーロッパリーグの決勝戦に再び子供たちを招待
  • ハンコックは、2012/13シーズンからUEFAヨーロッパリーグのオフィシャルパートナーを務めている

2021年5月28日、ノイ=イーゼンブルク (ドイツ) – 世界的なタイヤメーカーであるハンコック・タイヤは、UEFAとの長年のパートナーシップの一環として、ポーランドのグダニスクで開催されたUEFAヨーロッパリーグのエキサイティングな決勝戦に、今年も子供たちを招待することができました。招かれた2つの非営利団体は、子供たちへのサッカー関連の活動を行っています。Amp Futbol Polska(アンプティ・サッカー・ポーランド)は、サッカーをしたいと願う手足を切断した子供たちや身体に障害を持つ子供たちを支援し、また、Fair Play Program(フェア・プレイ・プログラム)は、ポーランドのサッカー界における少女や女性の地位向上を目指しています。子供たちは、昨日のビジャレアルCF対マンチェスター・ユナイテッドFCの決勝戦をスタジアムで観戦しただけでなく、オリジナルのセンターサークルバナー(ターポリン製)で作られた、試合後のお楽しみグッズが 詰まった 限定 の バックパックを受け取りました。また、試合前には、ポーランドの伝説的GKイェジー・ドゥデク選手と、UEFAヨーロッパリーグのオリジナルトロフィーの前での記念撮影も用意されていました。

今年のUEFAヨーロッパリーグの決勝戦をグダニスクで生で観戦するなど、熱狂的なサッカーファンが待ち望んでいたスタジアムへの復帰が最近実現しましたが、コロナ禍での徹底した感染防止対策を講じた観戦となりました。ハンコックは、若いサッカーファンがわくわくしながら待ち望んでいるイベントで、ユニークな体験を提供し、サッカーの夢を実現しています。UEFAヨーロッパリーグの公式パートナーとして、ハンコックは通常、ヨーロッパ中の子供たちに、ラウンドオブ16、準々決勝、準決勝に先立って、スタジアムでの観戦の前に、センターサークルの担ぎ手としての役割を担うユニークな機会を提供しています。 UEFAヨーロッパリーグ2020/21の試合は、新型コロナウイルス感染症パンデミックの影響でほとんどの試合が非公開で行われなければならなかったため、これは実施が不可能でした。しかし、若いファンにユニークな体験をしてもらうために、ハンコックは現在のセンターサークルのバナータープでバックパックを作らせ、様々なプレゼントと合計60枚の決勝戦のチケットを詰め込んだバックパックをアンプティ・サッカー・ポーランドとフェア・プレイ・プログラムに寄贈しました。

ハンコックは、2012/13シーズンからUEFAヨーロッパリーグのメインスポンサーの一社を務めており、同大会では最も長い歴史を持つパートナーです。UEFAヨーロッパリーグは、この種の大会では世界最大級であり、決勝戦はテレビで生中継され、世界中で6,000万人以上の視聴者が観戦しています。ハンコックは、クラブサッカーの世界最大の大会であるUEFAヨーロッパリーグとの長年にわたるパートナーシップを今後も継続していきます。このタイヤメーカーのスポンサーシップキャンペーンでは、シーズンを通してヨーロッパ全域でさまざまな活動や取り組みが行われます。

「サッカーに込める情熱と感情は、私たち全員を結びつけ、ハンコックのモットーである「ドライビング・エモーション(感動をドライブする)」を反映しています。」と、ハンコック・タイヤ・アンド・テクノロジーの社長兼CEOであるスイル・リーは言います。 「特にこの新型コロナのパンデミックの時代には、社会的なコミットメントがこれまで以上に重要になります。UEFAヨーロッパリーグとのパートナーシップにより、私たちは現在の状況や制限にもかかわらず、子供たちにユニークなスポーツ体験を安全に提供することができます。」フェア・プレイ・プログラムのビート・ミエルコウスカ氏はこう話します。「子供たちにとっては最高の日です。このニュースが入ってきたときから、子供たちはとても待ち切れない様子でした。このような素晴らしい体験をさせてくれたハンコックと欧州サッカー連盟子供基金に感謝しています。」

昨年のUEFAヨーロッパリーグ決勝戦では、ハンコックが特別なアイデアを出しました。ハンコックは、スターバイオリニストのデイヴィッド・ ギャレットとのコラボレーションにより、UEFAヨーロッパリーグの公式アンセムである「シンフォニー・オブ・サイレンス」の新しくアレンジして作曲しました。2,700万人のユーザーを獲得したハンコック、デイヴィッド・ ギャレット、UEFAは、スタジアムの沈黙を一瞬で終わらせました。また、このミュージックビデオは、その曲の感動を通じてファン同士をつなぐとともに、物理的な距離があってもこれまで以上に私たちが団結していることを示すのを目的としています。 新しいシーズンを記念して、ミュージックビデオもこのシーズンからの映像を使って再リリースされました。「シンフォニーシリーズ」のファンの方はぜひ期待してください。別のモットーでの第2弾も近々発表される予定です。

グダニスクで行われたUEFAヨーロッパリーグの決勝戦で、ハンコックに招かれた子供たちの目が輝いた1
グダニスクで行われたUEFAヨーロッパリーグの決勝戦で、ハンコックに招かれた子供たちの目が輝いた2


TOP

It is