プレスルーム

Hankook プレスルームにようこそ。ハンコックタイヤと業界に関する最新情報は、こちらで閲覧できます。

Hankook プレスルームにようこそ。ハンコックタイヤと業界に関する最新情報は、こちらで閲覧できます。
日時 2021/05/24 ヒット842

カテゴリ Motorsports

ハンコックFFFレーシングチーム、ニュルブルクリンクでの24時間クラシックに先駆けて貴重な走行距離を獲得

  • ハンコックFFFレーシングチームは、今週末のニュルブルクリンクでのドレスリハーサルを成功裏に終了
  • 6月初旬に開催されるADACトータル24時間レースを前に、クオリファイレースを含む2日間のテストで、ランボルギーニ ウラカン GT3 EVOのプラクティスラップ、タイヤテスト、セットアップを幅広く行いました。
  • テストウィークエンドのフィナーレとなる日曜日の6時間のクオリファイレースを41周走り、19位となったハンコックは、ハイエンドのVentus Raceタイヤとエンジニアの専門技術によりチームをサポートする

 

ハンコックFFFレーシングチームは、6月から始まるニュルブルクリンク24時間クラシックカーレースに、ランボルギーニ ウラカン GT3 EVOで参戦します。今週末は、グリーンヘルで最終テストが行われ、参加チームは幅広くセットアップ作業を行うことができました。日曜日に行われたトップ30クオリファイレースと6時間レースという2回のレースで、ハンコックレーシングチームと4人組のドライバー (マルコ=マペリ、フランク=ペレラ、ミルコ=ボルトロッティ、ジャコモ=アルト) は、ピットストップとドライバー交代の際の最適なセットアップを探る、一貫性を向上させる等手順を練習することを重点的に取り組みました。

 

マルコ=マペリは、ハンコックFFFレーシングチームの63号車ランボルギーニ ウラカン GT3 EVOのステアリングを握り、日曜日のレースをスタートしました。アイフェル山地の夏のような暑さのなか、81台の車がレースをし、バトルやエキサイティングなアクションが繰り広げられました。4人のドライバーは、6時間のレース中、常に速いラップタイムを設定し、時折、激しいヘビートラフィックに見舞われましたが、危険な状況を回避することができました。
ハンコックレースタイヤは力強い走りを見せ、ニュルブルクリンクの全長25.378kmの24時間レースサーキットでの高いレベルの一貫性と信頼性を印象付け ―マペリはレースの最終スティントでもステアリングを握り、19位でフィニッシュしました。

 

マンフレッド=サンドビヒラー(ハンコックモータースポーツ/ヨーロッパディレクター)は、こう述べています。「ニュルブルクリンクの24時間クラシックに向けた最終テストには満足しています。このような長いレースでは、多くの手順を踏み、多くの車のセットアップを行い、そのすべてを練習しなければなりません。それを2日間に渡って子広範囲に行うことができました。また、4人のドライバーは、総合的なテストプログラムを通して、コックピットでの貴重な経験を得ました。私たちのタイヤは、ドライバー4人組に必要な安心と信頼を提供します。これは、6月初めのレースを成功させる基盤となります。準備完了です。」

 

第49 回ADACトータル・ニュルブルクリンク24時間レースは、6月3日から6日まで開催されます。

 

ハンコックFFFレーシングチーム、ニュルブルクリンクでの24時間クラシックに先駆けて貴重な走行距離を獲得1
ハンコックFFFレーシングチーム、ニュルブルクリンクでの24時間クラシックに先駆けて貴重な走行距離を獲得2
ハンコックFFFレーシングチーム、ニュルブルクリンクでの24時間クラシックに先駆けて貴重な走行距離を獲得3
ハンコックFFFレーシングチーム、ニュルブルクリンクでの24時間クラシックに先駆けて貴重な走行距離を獲得4
ハンコックFFFレーシングチーム、ニュルブルクリンクでの24時間クラシックに先駆けて貴重な走行距離を獲得5


TOP

It is