当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

プレスルーム

Hankook プレスルームにようこそ。ハンコックタイヤと業界に関する最新情報は、こちらで閲覧できます。

Hankook プレスルームにようこそ。ハンコックタイヤと業界に関する最新情報は、こちらで閲覧できます。
日時2019/04/23 ヒット1,367

カテゴリCorporate

ハンコックタイヤは、その革新的なデザインで「iFデザイン賞2019」を受賞しました

  • プロフェッショナルコンセプトと製品の部門で3つの賞を受賞
  • 2018年デザインイノベーションプロジェクトにおいて「Hexonic」、「HLS-23」、および乗用車用タイヤ「Kinergy 4S 2」の受賞も

2019年2月14日(韓国ソウル) - 世界有数の高級タイヤメーカー、ハンコックタイヤ(社長兼CEOのHyun Bum Cho)が、「iFデザイン賞2019」で、プロフェッショナルコンセプトとプロダクトのカテゴリで3つの「賞」を受賞しました。

3つの受賞作品はコンセプトタイヤ「Hexonic」と「HLS-23」、そして自家用車用タイヤ「Kinergy 4S 2」で、HexonicとHLS-23は、ハンコックタイヤの研究開発プロジェクトである「デザインイノベーション」の成果です。これは、将来のタイヤ走行のための新しいビジョンとソリューションを提案しています。タイヤは、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)の学生との共同研究によって開発されました。

Hexonicは、スマートセンサーを使用して最適な運転ソリューションを提供する、完全自律型シェアカー(カーシェアリング)用のタイヤです。HLS-23は、道路座標認識と自己充電によって、将来の持続可能な物流輸送システムを保証します。

製品部門で受賞したKinergy 4S 2は、夏冬両方の道路状況に適したオールシーズンタイヤで、対称のV字型パターンを採用することで排水性能が向上しています。スキーボードとウォーターホイールで強化された細部の要素は排水性があり、調整の安定性を向上させます。雪道でのブレーキ性能と乾いた路面でのハンドリング性能の両方を満たすために、夏と冬の2つの異なるサイプが適用されました。

2009年、ハンコックタイヤはタイヤ業界で初めて「Optimo 4S」がiFデザイン賞を受賞しました。2014年の「Kinergy 4S」に続き、今年の受賞には「Kinergy 4S 2」も入り、これまでのKinergy 4Sのすべてのモデルが連続して成果を上げ、ハンコックのオールシーズンタイヤデザインの卓越性を証明しました。

ハンコックタイヤ社長兼CEOのHyun Bum Choは、「iFデザイン賞を受賞できたことは光栄であり、私たちは最も実用的で魅力的なタイヤのデザインの創造に着手し、世界で最も権威のあるデザイン賞の1つを受賞したことを誇りに思います。」と述べ、また、「ハンコックタイヤは、最も革新的で高性能な製品の製造への取り組みを継続していきます。」と付け加えました。

iFデザイン賞は、ドイツのマーケティングコンサルティング会社であるインダストリーデザインハノーファ(if)インターナショナル・フォーラム・デザインによって授与され、レッドドット・デザイン賞およびインターナショナル・デザイン・エクセレンス賞(IDEA)と共に、最も評価の高いトップ3の国際デザイン賞の1つです。

毎年、iFデザイン賞のエントリーは、「プロダクト」「パッケージ」「インテリア・内装」「プロフェッショナルコンセプト」「サービスデザイン/UX」「建築」「また、コミュニケーション」の7つのカテゴリに分類され、それらはさらに72のサブカテゴリに分類されます。エントリーは、イノベーション/エラボレーション(改善)、機能性、審美性、社会責任、ポジショニングを含む10の審査基準に基づいて評価されます。今年は、50か国から約6,400のエントリーがありました。

 

Hankooktire if design awards 2019 winners


TOP

It is