当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

プレスルーム

Hankook プレスルームにようこそ。ハンコックタイヤと業界に関する最新情報は、こちらで閲覧できます。

Hankook プレスルームにようこそ。ハンコックタイヤと業界に関する最新情報は、こちらで閲覧できます。
日時2019/04/23 ヒット1,214

カテゴリCorporate

ハンコックタイヤ、「次世代ドライビング・ラボ」の第4のキャンペーンで「トランスフォーミング・タイヤ」を発表

  • ハンコックタイヤは、さまざまな道路状況に応じて形状が変わる「トランスフォーミング・タイヤ」を発表
  • このキャンペーンは、ハンコックタイヤの革新的なブランド価値を体現し、次世代のドライビングを想像し、そして創造します。

2019年1月2日(韓国ソウル) - 世界有数の高級タイヤメーカー、ハンコック(社長兼CEO、Hyun Bum Cho)が、「次世代ドライビング・ラボ」プロジェクトの4番目の成果である「トランスフォーミング・タイヤ」のビデオを公開し、2019年1月2日に、未来の運転への革新的な取り組みを示しました。

未来のタイヤを通して新しく、革新的な未来のドライビング体験を提供する「次世代ドライビング・ラボ」の4番目のキャンペーンでは「トランスフォーミング・タイヤ」を発表しています。これは、さまざまな道路状況に応じて形状を変え、未来のドライビングにぐんと近づくためのハンコックタイヤのリーダーシップと革新的なブランド価値を体現しています。

プロジェクトは、タイヤの形状に関するステレオタイプへの挑戦から始まりました。これは、タイヤの開発当初から変わっていません。これまで、タイヤは、トレッドとフラットの比(タイヤの断面の高さと幅の比)の変化が、その本来の円形に基づいて、路面、気候変動および動作に必要な性能に対してのみ許容されるように設計されてきました。

ハンコックタイヤは、2016年ロボ・ソフト・グランド・チャレンジで最優秀賞を受賞したソウル国立大学機械航空工学科のKyu-Jin Cho教授のバイオロボティクス・ラボと共同研究を行いました。その結果、ハンコックタイヤとバイオロボティクス・ラボは、タイヤの形状を変えることができる可変タイプのタイヤを開発しました。これによって、ドライバーは単一のタイヤであらゆる路面での安定した高速走行が可能な未来のドライビング体験を想像することができます。

「次世代ドライビング・ラボ」プロジェクトは、「誰がドライビングを作り出すのか?」というスローガンを掲げ、2013年の最初のプロジェクトとしてソウルのダウンタウンにある「デジタル・クリエイティブ・カー」を発表したチャレンジとイノベーションのキャンペーンです。2014年に、2番目のプロジェクトとして、「マインド・リーディング・タイヤ」、人間の脳波に反応するタイヤが発売されました。2015年には、360度回転することができる「ボール・ピン・タイヤ」が3番目のプロジェクトとして発表されました。

「トランスフォーミング・タイヤはこの質問から始まりました。なぜタイヤは固定した形状になるべきなのでしょうか?高い成功を収めた私たちの次世代ドライビング・キャンペーンは、タイヤの限界に挑戦し続けてきたハンコックタイヤの革新的DNAを伝える機会となるでしょう。」と、ハンコックタイヤのマーケティング本部副本部長のSeungbin Lim氏は述べています。同氏は、「ハンコックタイヤは、本物のチャレンジ精神と革新的なブランド価値をお客様に提供することで、今後もさまざまな新しい実験的な製品を提供していきます」と付け加えました。

次世代ドライビング・ラボ・キャンペーしょうは、韓国ソウルの道路上でハンコックタイヤのデジタル・クリエイティブ・カーが発表された2013年に開始されました。キャンペーンの次の冒険的な企ては、脳波命令に反応することができるタイヤを特色としたバイラル・マインド・リーディング・タイヤという成果でした。3番目のプロジェクトは、革新的な360度回転「ボール・ピン・タイヤ」です。「トランスフォーミング・タイヤ」の次期キャンペーンビデオは、ハンコックタイヤのウェブサイト(www.hankooktire.com)または公式のハンコックタイヤのYouTubeチャンネル(www.youtube.com/user/hankooktirekorea1)でご覧いただけます。

 

The TRANSFORMING TIRE for the Fourth Campaign of The Next Driving Lab


TOP

It is