当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

タイヤの構造

トレッド、ショルダー、サイドウォール、ビード、カーカス、ベルト、インナーライナー、その他の部品が構造的に接続されて、タイヤの科学的な構造ができあがっています。

トレッド、ショルダー、サイドウォール、ビード、カーカス、ベルト、インナーライナー、その他の部品が構造的に接続されて、タイヤの科学的な構造ができあがっています。
ボタンをクリックし各構成部分の名前と機能をご覧ください。
インナーライナー

インナーライナーは、タイヤ内部のチューブの役割を果たし、通気性の低いゴム層から成っています。ゴム層は一般的に、ブチル、合成ゴム、あるいはポリイソプレンタイプがあります。インナーライナーの主な機能は内部の高圧空気を保持することです。

ブレーカーまたはベルト(トレッドとカーカス間の層)

ブレーカーは、バイアスタイヤのトレッドとカーカスの間にあるコード層でカーカスを保護します。外部の衝撃を吸収しトレッドへの割れと損傷が直接カーカスに伝わらないようにします。同時にブレーカーはゴム層とカーカスが分離しないようにします。ベルトは、ラジアルタイヤのトレッドとカーカス間の周囲にある強固な補強層です。ベルトの機能はブレーカーの機能に似ていますが、カーカスを強く締め付けることでトレッドの強度もまた補強します。

トレッド(路面と直接接触する役割を持つタイヤ部分)

トレッドは路面と直接接触する厚いゴム層でできています。トレッドはカーカスとタイヤ内部のベルトを保護するため割れと衝撃に対する耐性が強くなっています。また、タイヤの寿命を長くするため、内部摩耗に強い特徴を持つゴムが使われています。

ショルダー(タイヤの肩の部分)

トレッドとサイドウォールの間にあり、タイヤの中で最も厚い部分です。そのため、ショルダーは走行中蓄積したタイヤ内部の熱を速く簡単に放散させるよう設計されています。

サイドウォール(タイヤの側面部分)

タイヤのショルダーとビードの間に位置するサイドウォールは内側のカーカスを保護し、その柔軟性によってコーナリング時の乗り心地を快適にします。また、タイヤの形式、サイズ、構造、トレッドパターン、メーカー、ブランド名、その他の詳細情報がこのサイドウォールに表示されています。

カーカス(タイヤの骨格部)

カーカスはタイヤの骨格で最も重要な部分です。カーカスとはタイヤのコードから成る全ての層のことを言います。タイヤの内部空気圧、重量および衝撃を吸収します。

ビード(リムと接触する部分)

ビードはコードの端部を覆いタイヤをリムに固定します。ビードワイヤー、コア、ゴムおよびフリッパーなどの様々な部品でできています。一般的にリムは、走行中の突然の空気圧の減少でタイヤがリムから外れないよう軽く締め付けられています。

1234567

TOP

It is