当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

タイヤの進化

タイヤは過去100年にわたって進化していますが、自動車の発展とともに進歩してきました。ハンコックタイヤ創業以来、当社はタイヤの革新に貢献し、環境にも重点を置きながら、ドライビングエモーションを高めてきました。

タイヤは過去100年にわたって進化していますが、自動車の発展とともに進歩してきました。ハンコックタイヤ創業以来、当社はタイヤの革新に貢献し、環境にも重点を置きながら、ドライビングエモーションを高めてきました。
  • 固形ゴムタイヤ

    固形ゴムタイヤは、空気のいらない固いゴムだけでできているので、衝撃吸収能が低くもっぱら低速車両に使われてきました。

  • 1888

    タイヤ史の始まり

    ガソリン車と空気入りタイヤ

    1888年ベンツは、ゴムで被覆し空気を充填した他にない金属タイヤを装備した最初のガソリン車を発明し、そのタイヤが空気タイヤとなりました。人々は、 硬い金属タイヤに慣れていたため、空気タイヤはまさに革命的でした。空気タイヤが普及し始めたのは1895年で、パリからボルドーへの自動車レースの主役となりました。

    The first gasoline car <Benz 1>
  • 1905

    トレッドタイヤ

    トレッドは路面と直接接触する役割を持つタイヤ部分です。トレッドは厚いゴムでできているので、タイヤ内部のカーカスとブレーカーを保護します。路面の摩擦係数はトレッドタイヤの発展とともに大きくなり、今日では様々なパターンがあります。

  • 1920

    タイヤの材質の発展

    自動車の大衆化と合成ゴムの工業化

    1913年後半、ヘンリー・フォードは、最初のベルトコンベヤ式組立ラインを世界に紹介し、自動車大衆化の第一段階の第一歩を標しました。
    1931年、米国企業デュポンは合成ゴムの工業化に成功しました。この発展により、天然ゴムに依存していたタイヤ工業は、タイヤの質、量ともに向上しタイヤ生産の転機となりました。

    Ford Model T
  • 1923

    バルーンタイヤ

    低空気圧タイヤの一種、バルーンタイヤは様々な自動車に使用され、内部の空気圧が低いため路面との接触面積が大きくなります。

  • 1940

    タイヤ構造の発展

    燃料節約のための自動車とタイヤの構造の進化

    オイルショックによる空前の原油高の負担を和らげるため、現存の自動車を小さくし重量を減少させることが一般的になりました。結局、多くの自動車メーカーが前輪駆動方式を採用しました。1903年、チューブレスタイヤの開発に伴い、車体重量が低下し燃料節約に大きくつながりました。

    Citroen Traction Avant
  • 1947

    チューブレスタイヤ

      

  • 1949

    ラジアルタイヤ

    1950年代に最初に発明されたラジアルタイヤは、コード、カーカスプライが進行方向に直角に配置されたタイヤです。走行中、ラジアルタイヤはバイアスタイヤより変形が小さいので燃費が良いのです。ラジアルタイヤはトレッドが均一に路面に接触するため、特に高速運転時の安定性が優れています。

  • 1970

    タイヤの安全性の向上

    自動車の大衆化と安全性の第二段階

    ランフラットタイヤは1979年に開発され、パンクしても時速80kmまでタイヤ交換せず走行できるように設計されています。

  • 1980

    ランフラットタイヤ

    運転中に障害物やタイヤの摩耗により、かき傷ができ、穴があき、空気が抜けた場合でさえ、ランフラットタイヤは運転速度を一定に保つことができます。非常事態に起こる様々な事故からドライバーを守ります。

    hankook-tire-runflat-tire
  • タイヤ性能の向上

    UHP(ウルトラハイパフォーマンス)タイヤの開発によるタイヤ性能の向上

    自動車が有効な輸送手段から個人的財力と自由の象徴へと変化すると、人々はますますドライビング性能に関心を寄せるようになりました。 ドライビング性能は、より優れたコーナリング、ドライバビリティーおよびブレーキングが自慢のUHP(ウルトラハイパフォーマンス)タイヤの開発により、タイヤ技術の進展とともに向上しました。

    hankook-tire-uhp-tire
  • UHPタイヤ

    UHPタイヤは、リムの直径が16インチ以上、扁平率55以下そして速度シンボルがVを超える(最高速度は時速240km)タイヤのことです。UHPタイヤには、高速走行でのより優れたブレーキング性能とコーナリング性能があります。

  • 2000

    タイヤと環境

    エコ・チューニングタイヤの開発

    ますます強くなる環境保存への関心から、いろいろな水素自動車や電気自動車など、環境に優しい車が開発されています。したがって、燃費がよく環境を守るタイヤもまた開発されています。

    hankook-tire-eco-tuning-tire
  • 2012

    タイヤの未来

    NPT(エアレスタイヤ)

    2012年、ハンコックタイヤは、新しい種類の材料を使ってエアレスタイヤを開発しました。
    エアレスタイヤは、製造工程を半分にすることで省エネを実現します。
    新しい種類の材料から生まれたNPTは再利用、再生可能です。
    NPTは水素自動車、電気自動車、ハイブリッド車などの環境に配慮した車両に使われます。

    evolution_tire_npt

TOP

It is