当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

濡れた路面での運転

雨の中では、タイヤの操縦性、制動力、排水は、より重要な特性となります。濡れた路面における運転の危険性および安全性を向上させるために実行可能な予防策についてご確認ください。

雨の中では、タイヤの操縦性、制動力、排水は、より重要な特性となります。濡れた路面における運転の危険性および安全性を向上させるために実行可能な予防策についてご確認ください。

濡れた路面での運転の問題点

wet driving

濡れた路面での事故発生率は、雪道運転と同じぐらい高いので、ドライバーは安全のため濡れた路面での運転に留意しなければなりません。

濡れた道路を運転する場合、様々な異常状況が起こり得ます。例えばタイヤが水面上でハイドロプレーニングを起こし瞬間的に方向性を失います。また、雪面ではグリップ力が弱まり制動距離が長くなります。

安全上の予防策

  • タイヤが激しく摩耗していると、濡れた路面での運転は危険です。必ず前もってタイヤが摩耗していないか点検してください。
  • コーナリング直前に減速してください。コーナリングの時は一定の速度を維持してください。
  • 濡れた路面で車の操縦が制御できなくなった場合、急ブレーキ急加速をしないでください。また、操縦できるようになるまで、軽くアクセルを踏んで、急にハンドル操作をしないでください。
  • 運転は両手で行ってください。

TOP

It is