当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

エコドライビング

エコドライビングは、石油価格が高騰し省エネルギーの時代に生きるための知恵です。ハンコックのエコドライビング方法を行うと、自動車走行はさらに効率的になります。

エコドライビングは、石油価格が高騰し省エネルギーの時代に生きるための知恵です。ハンコックのエコドライビング方法を行うと、自動車走行はさらに効率的になります。

エコドライビングの手引き

できるだけ車を軽くする

ミッドサイズのセダンでは、トランク中の重量が100kg増すごとに燃費が6%悪くなります。車の燃費はまた空気摩擦にも大きく左右されます。ルーフラックを載せている場合、燃費が最大20%まで落ちることがあります。

タイヤの推奨空気圧を維持する

タイヤの空気圧が、推奨値を下回る50kPaで走行している場合、燃費は街中走行では最大6%、高速道路では4%悪くなります。

エンジンを切るかギアをニュートラルにシフトする

お使いの車が、エンジンをかけたまま1分を超してアイドリングしている場合、車を発進する時より多くの燃料を使います。10分間で130ccの燃料を消費します。

急発進、急停車しない

徐々に加速すると燃費が良くなります。5秒間で時速約20kmで加速すると燃費が約11%良くなります。

エンジンブレーキを使う

アクセルから足を離し減速すると燃費は2%良くなります。
 

経済効率のよいドライビングのためのさらなる提案

• エアコンを節約する

• 燃費が良くなるタイヤを使う

• 車が動いている時は窓とサンルーフを動かさない

• 低いRPM(回転数)で運転する


TOP

It is