当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

タイヤの空気圧

タイヤの空気圧は、安全性に直接関係します。したがって、タイヤ空気圧は、定期的に点検する必要があり、正しいメンテナンスを行えば、タイヤの寿命を延ばすことができます。タイヤ空気圧の重要性とご使用のタイヤの空気圧を点検する方法をご確認ください。

タイヤの空気圧は、安全性に直接関係します。したがって、タイヤ空気圧は、定期的に点検する必要があり、正しいメンテナンスを行えば、タイヤの寿命を延ばすことができます。タイヤ空気圧の重要性とご使用のタイヤの空気圧を点検する方法をご確認ください。

タイヤ空気圧の重要性

  • 安全性、ドライビング性能、タイヤ寿命および燃費を確保するため最適空気圧が重要です。
  • タイヤは1ケ月で1psi空気圧が減少することが知られています。 (psi : ポンド/平方インチ)
    したがって、少なくとも月1回か長距離走行の前、スペアタイヤも含め全てのタイヤを点検することが重要です。

望ましい点検間隔

タイヤ空気圧は毎月点検してください。

Tire pressure and tyre life
< タイヤ空気圧とタイヤの寿命 >

適正な空気圧の点検

air-pressure-location-01
< 運転席側のドア >
air-pressure-location-02
< 燃料タンクの蓋の裏側 >

ハンコックタイヤは、月1回ご使用のタイヤ空気圧を点検されることをお奨めします。

タイヤの適正な空気圧は、車のドアの内側および燃料タンクの蓋の裏側に表示されています。車の取扱説明書にも表示されていますが、ステッカーの位置は国によって変わることがあります。

お使いのタイヤ空気圧と、タイヤのサイドウォールに記載している最大空気圧とを比較してはいけません。

タイヤ空気圧の点検方法

  • 1) 点検済みの空気圧力計を購入するか、ご使用の車を近くのサービスセンターかガソリンスタンドに持っていき点検してください。
  • 2) タイヤが「“熱をもっていない」状態で点検してください(少なくとも運転後3時間後)。
  • 3) 空気圧力計をバルブに差し込んでください。
  • 4) 計った空気圧を車のドアに記載してあるレベルと比較してください。
  • - 圧力が望ましいレベルより高い場合は、ご使用のタイヤを望ましいレベルまで空気を抜いてください。
  • - 圧力が望ましいレベルより低い場合は、ご使用のタイヤに望ましいレベルまで空気を入れてください。

TOP

It is