当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

FAQ

ハンコックタイヤでは、常に、適合するタイヤと確かなサービスを求める顧客の声に耳を傾けています。

ハンコックタイヤでは、常に、適合するタイヤと確かなサービスを求める顧客の声に耳を傾けています。
総計 : 8
  • 1 タイヤ購入どのようにすればハンコックタイヤ製品の一括注文を入れることができますか。

    弊社ウェブサイトでグローバルネットワークのページをクリックして、担当者にお問い合わせください。または、各地域のQ&Aのページをご覧ください。貴方の問い合わせに速やかに返答致します。

  • 2 企業ハンコックタイヤはブランドの知名度と選好度を高めるために、どうしようとしていますか。

    弊社ではブランドの知名度と選好度を高めるために、以下の活動を推進しています。
     OEビジネスを拡大してブランド認知度を上げます。名の知られた海外の自動車メーカーへのタイヤ供給に重点的に取り組みます。今年の下半期に著名な自動車メーカーとタイヤ供給契約を新たに結ぶことが見込まれています。
     世界的に有名な海外のモーターレースに参加します。ドイツ、イギリス、イタリア、アメリカ、日本などで開催される展示会に参加します。さらに、世界中のモーターショーにも積極的に参加します。
     一流の海外自動車雑誌のタイヤ性能試験を通して、ブランド価値と知名度を高めます。客観的品質評価には、世界中の購買者にブランドを紹介するという潜在的価値があります。
     

  • 3 製品さまざまな地域の市場に合わせてタイヤを開発するときの課題は何ですか。さまざまな地域に応じて、さまざまなタイプのタイヤを用意する必要がありますか。

    はい、さまざまなタイプのタイヤを用意する必要があります。地域によって平均的な天候、道路条件が異なり、さらには顧客からの要望も異なります。たとえば、韓国では快適性がもっとも重要ですが、ヨーロッパでは操作性のほうがより重要です(環境への配慮も当然重要視されます – ただ、これは全ての市場で重視されます)。ハンコックタイヤにとって方策上で有利な点の1つは、全世界にある5つの研究開発センターを通して、弊社のグローバルな技術を地域レベルに適用できるということです。これにはもちろん、地域の市場でなされた新しい工夫を世界中で開発された製品にフィードバックするという逆の流れによる効果もあります。挑戦という観点で言うと、コストがかかるという理由でタイヤ開発を地域化する態勢整備をためらっている他社もあります。しかし弊社では、地域に合った最適な技術を確実に提供するという大きなメリットがこのコストを上回っていると考えています。コストがかかるからといって、高品質で性能の良いタイヤを開発、生産するという考えが損なわれることはありません。
     

  • 4 企業環境保護は、2008年オリンピックのもっとも重要な問題の1つです。ハンコックタイヤには、「グリーンタイヤ」を導入する何らかの計画がありますか。

    これはグローバルトレンドであり、環境への配慮は長年にわたってタイヤ製造業に大いに関係がある問題でした。また、ハンコックタイヤが精力的に取り組んできた問題でもあります。弊社は環境に優しい技術革新に投資を続け、これらは全タイヤ製品に応用され、取り入れられています。さらに、製造設備や支社における環境に優しい活動にも応用されています。


     ハンコックタイヤは、今、この分野でのヨーロッパにおけるブランド知名度を高めています。たとえば、シュティフテュング・ヴァーレンテスト・マガジンはOptimo K715をこのクラスでもっとも環境に優しいタイヤと認めています。環境に優しいランフラットタイヤへの総力を挙げた取り組みは、世界中の顧客並びに重要な顧客であるOE提供先メーカーの両方からの要望が増えていることを反映しています。

  • 5 企業ハンコックタイヤのブランディングについてですが、「Driving Emotion」はどういう意味ですか。このスローガンを引き続き広告メッセージに使用しますか。

    「Driving Emotion」とは、タイヤのグリップ力と操作性によってもたらされる安心感であれ、リラックスできる乗り心地の良い走りであれ、ハンコックタイヤを付けた車を運転しているときの感動的なドライビング体験を指しています。

  • 6 サービスどういったサービスを顧客並びにエンドユーザーに提供していますか。

    サービスは極めて重要な事項です。弊社は常に顧客サービスの改善に力を入れています。弊社の自動車サービススタッフが30都市でサービスを提供していますので、いつ、どこでサービスが必要になっても対応できます。さらに弊社は、顧客がどこにいようと、48時間以内にサービスを提供することを保証しています。
     またハンコックタイヤは、直通電話でのアドバイスやサービスの提供と併せて、顧客の安全を保証するためにトラック、バスのタイヤの定期安全点検を実施しています。
     

  • 7 企業これまでの研究開発におけるハンコックタイヤのステータスは何ですか。貴社はどのようにして有能な人材を育て、研究開発を進めていますか。

    テクノロジーイノベーションは、ハンコックタイヤの成長を推し進め、弊社が世界トップクラスを目指して発展し続ける原動力の1つです。

     - 弊社は毎年、収益の5%を研究開発に投資し、従業員の6%が研究開発部門で働いています。

     全世界の技術に関する専門知識は研究開発センター(韓国、中国、ドイツ、日本、米国)を通して、諸条件を十分配慮しながら、さまざまな地域の顧客要望や天候、道路条件に合ったタイヤ製造の支援をするように地域レベルに適用されます。
     

  • 8 製品製品ラインアップを今後どういう方向に発展させていく予定ですか。タイヤの将来方向についてどのように考えていますか。

    テクノロジーイノベーションによって、高性能タイヤに限らず、より優れた製品を生むトレンドが発生します。ハンコックタイヤでは、さまざまなタイヤ技術の開発、改良に取り組んできました。それらの技術は、特許取得済みで、ブランドの知名度向上に貢献しています。弊社が手掛けている構造が複雑な高性能タイヤは範囲を拡げ続けて、顧客からご好評をいただいています。また、主要な自動車雑誌から「クラス最高」を受賞しています。タイヤをより細部にわたって設計、評価をするために、バーチャルデザインシステムの構築も行っています。さらに、以下の技術開発も行っています。

    - エコタイヤと同様の低燃費性能をもつ非常に軽量なタイヤ開発のための最適トレッド設計技術
    - タイヤの動きを予測する技術
    - 先端材料技術

    ハンコックタイヤは、高い付加価値を生む先進的なタイヤ技術の開発にますます注力しています。それにより、弊社ブランドを競合他社よりも際立たせ、性能改善により高品質タイヤを求める顧客の要望に応えます。また、顧客、OE提供先メーカー両者からの要望の増加を反映するために、環境に優しいランフラットタイヤを重視しています。弊社は、低燃費性能が向上し、またOEタイヤ提供先のハイブリッドカーとの適合性も良い、環境に優しいタイヤの開発に着手する予定です。


TOP

It is