当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

Technodome

ハンコックタイヤは独自な企業風土を形成し続ける事によって、この新しい建物が効果的に機能するよう変化をもたらし、最終的にはトップグローバルタイヤメーカーの座を獲得します。

ハンコックタイヤは独自な企業風土を形成し続ける事によって、この新しい建物が効果的に機能するよう変化をもたらし、最終的にはトップグローバルタイヤメーカーの座を獲得します。

ハンコックタイヤの技術的リーダーシップへの挑戦

世界的大手タイヤメーカーのハンコックタイヤが、成功へと大きく飛躍した陰にある競争力は、技術的リーダーシップから生みだされました。「品質向上」と銘打った戦略のもとで、ハンコックタイヤは研究開発へ大規模な投資を行い、大胆な戦略的行動を取り、常に安全性、性能、耐久性、優れた品質に対する未来に向けた要求に応える優れた技術やソリューションを導入し続けてきました。

ハンコックタイヤが韓国の大田広域市にメイン研究開発センターを建設した1982年以来、研究開発はハンコックタイヤの中核事業部門の1つに成長しました。さらにハンコックタイヤは、米国、ドイツ、中国、日本を含む数ヶ所の研究開発センターを導入してグローバルな研究開発ネットワークを構築しました。ハンコックタイヤの研究センターはハンコックタイヤ製品が世界中の顧客ニーズに応えられるように、ハイテク研究装置を備えています。

電気自動車や自動運転車のような新技術が普及するにつれ、自動車業界は新しい課題に直面することになります。ハンコックタイヤは自動車業界の変化を、グローバルな研究開発機能の強化と新しい企業風土の導入でリードしていこうとしています。あらゆる変化の中にあって、ハンコックテクノドームはその中心に位置することになるでしょう。

ハンコックテクノドームはさらに高いレベルの技術的リーダーシップと高い競争力を将来にむけて獲得するため、ハンコックタイヤの研究開発インフラストラクチャーにとって重要な一歩です。ハンコックタイヤは将来の技術を高めるために、独自の応用技術研究を強化して持続可能な開発の達成を目標とし、最終的には自動車業界を牽引するトップグローバルメーカーを目指します。


ハイテク建築を介した新しい企業イノベーションの源

ハンコックテクノドームの設計は、サー・ノーマン・フォスターが創設した建築事務所、フォスター+パートナーズが手がけ、イノベーションと技術的リーダーシップを反映しています。ハンコックタイヤのハイテク建築へのこだわりは、最新テクノロジーや資材を建築デザインに導入することによく現れています。ハンコックテクノドームはハンコックタイヤのビジョンや文化を建築やデザインで表現できるでしょう。

ハンコックテクノドームの投資総額は2666億韓国ウォン(約2億3000万米ドル)です。韓国の大田広域市、大德研究開発特区に拠点を置く研究開発センターは6階建てで、巨大な床面積は96,328㎡、全敷地面積は70,387㎡です。

  • hankooktire-technodome-10


環境に優しい価値観の実現を通し持続可能な未来へ

ハンコックテクノドームは環境に優しいハイテク研究センターで、用地の選定から設計・建設過程まで基本的に持続性や環境に優しい価値観をもって建設されています。

リサイクル可能な建材など、環境に優しい資材が使用されています。節水機能だけでなく、代替エネルギー源の中でも地熱と太陽光を利用した充電システムがあり、化石燃料由来の電気への依存を減らします。また、エネルギーリサイクル施設を備え、自然光を高性能断熱してエネルギー消費を最小限にします。室内空気の品質向上と有効な空調を行うため、二酸化炭素センサーが備え付けられ、基準を超えると通知します。排気ガスが少ない高性能車のために、特別な駐車場が設けられています。舗装の手間を省き、周囲に比べて設置エリアの気温を著しく上昇させるヒートアイランド現象を軽減するため、駐車場は地階にあります。

この努力により、ハンコックテクノドームは韓国で最初にグリーン認証、LEED(エネルギーと環境に配慮したデザインにおけるリーダーシップ:Leadership in Energy and Environmental Design)を取得する研究開発センターを目指しています。LEEDは米国に拠点を置くNPOであるUSGBC(米国グリーン・ビルディング協会)のグリーン・ビルティング認証システムでは最も権威あるものです。LEEDは持続可能な生活のための代替手段を奨励し、デザインのガイドラインを提案し、最適な建物管理プロセスの目的を設定します。ハンコックテクノドームは、厳しいガイドラインに合わせた一連の徹底したモニタリングプロセスに従い、完成時にゴールド認証を受ける予定です。ハンコックタイヤは環境保護の価値を体現することで、持続可能な未来を建物にもたらすよう努力し続けます。


先進的な企業風土につながるイノベーションの創造

ハンコックタイヤは「先進的な企業風土」を進めており、これはアクティブでイノベーティブな企業を特徴とする企業文化です。ハンコックタイヤは空間を最適化し、従業員が創造的な環境において効率的なコミュニケーションを通じて最良の結果が出せるようにしています。

コミュニケーションはハンコックテクノドームの中核となる価値観です。研究開発センターの人の流れは、研究者が先進的な企業風土を実現する最適なコミュニケーションを容易にするように注意深く設計されています。「One Company Concept」のもと、すべてのオフィスが1つの会社に属することを象徴するため、1つ屋根の下に10の独立オフィスと研究所を配置してあります。また、中央アリーナは従業員のために造られ、くつろいだ活発なコミュニケーションを楽しめます。

イノベーティブな作業環境は、従業員の自尊心と集中力を高めます。新しく「タイヤワークショップ」が導入され、これはデスクにタイヤの試料を持って来る事なく、容易に研究環境を作れるよう設計されたエリアです。「フォーカスボックス」は従業員が仕事に集中し、個人的な作業を集中して行えるオフィスエリアにあります。

さらに、ワークライフバランスを様々な教育と医療施設や福祉施設で実現します。「ザ・レジデンス」は未婚の研究開発部従業員、訪問クライエント、研修生向け住居エリアです。「プレイラウンジ」はカフェとリラックスエリアで「先取的なラウンジ」は映画などのエンターテインメント用途です。「ドングラミデイケアセンター」は子供や従業員向け、「フィットネスセンター」は従業員に健康なライフスタイルを提供します。「韓国メディカルケアルーム」は東洋医学サービスを提供し、「マインドセラピールーム」は心理療法を行っています。

  • hankooktire-technodome-14


未来のテクノロジーをハイテクな設備と作業環境を備えた研究開発でリード

ハンコックタイヤが将来をリードするために持つべきすべての技術面を、ハンコックテクノドームは象徴しています。

統合ドライビングシミュレーションシステムとSPMM(サスペンションパラメータ測定マシーン:Suspension Parameter Measuring Machine)を所有し、仮想テストによるデジタルな結果を記録しています。また、研究開発センターには無響室があり、世界クラスのタイヤノイズ試験機です。

最先端設備と働きやすい環境を兼ね備え、北米、欧州、中国、日本などの技術センターと協同して研究開発の中心的役割を担います。ハンコックテクノドームでは、グローバル規模の研究開発計画が他のハンコックタイヤのグローバル研究開発センターとの協同で計画されています。ハンコックタイヤは生産工場と新しい研究開発施設での製品開発を結びつける新しいOE、REの開発に注力する計画で、ハンコックテクノドームは人材育成と同時に、グローバルな研究開発ネットワークのハブとハンコックタイヤのイノベーションを表すシンボルの両方の役割を果たします。

ハンコックタイヤは大胆な研究開発投資でトップグローバルメーカーへの大きな飛躍を遂げようとしています。グローバルなトップメーカーになるために、ハンコックタイヤは基礎研究を強化した独自技術と未来志向のタイヤ技術への最適なプロセスを開発していきます。ハンコックタイヤは独自な企業風土を形成し続ける事によって、この新しい建物が効果的に機能するよう変化をもたらし、最終的にはトップグローバルタイヤメーカーの座を獲得します。この変化への努力は、主要グローバルタイヤメーカーへの成長に勢いを与えるイノベーションへつながるでしょう。


TOP

It is