当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

Kontrol Technology

性能、乗車時の快適性、安全性、エコフレンドリーな走行の面で最高レベルの充足感を実現するために、当社は常に技術的能力を進化させ、あらゆる条件で最適な性能を発揮するタイヤを製造することを目標としています。

性能、乗車時の快適性、安全性、エコフレンドリーな走行の面で最高レベルの充足感を実現するために、当社は常に技術的能力を進化させ、あらゆる条件で最適な性能を発揮するタイヤを製造することを目標としています。

安全性:防護テクノロジーによるドライバーの安心感

ドライバーの安全性を守る最も重要な要素は、タイヤと路面の摩擦です。タイヤは、この摩擦力により、車両のスライディングを防ぎます。また、タイヤのブレーキ性能も、ドライバーの安全性に直接影響する重要な要素です。タイヤの性能は、タイヤの素材、硬度、形状を通じて、また路面と直接接触する表面に刻み込まれたパターンデザインにより、改善することもできます。

 

特に、タイヤのスライディングとブレーキ性能は気候の影響を受けます。濡れた下り道路を走行するときにタイヤの溝が正しく撥水できない場合、ハイドロプレーニングが起こり、車両のコントロールが難しくなります。

hankook-safety-01

ハイドロプレーニングの発生時、路面とタイヤの間に水の 層が形成され、舗装との接触が起こり難くなり、非常に危険な状況になる場合があります。タイヤの濡れた道路との反応は、3つの側面、すなわちタイヤのゴム含有率、タイヤの溝のパターン、タイヤの接触曲線に依存します。

ゴムが混合する場合、2つの主要な素材、シリカとゴムの相互作用が最大に高まり、タイヤの表面の溝に水の粒子が流入します。このとき、路上で水がはじけ、タイヤと路面との接触は維持されます。

hankook-safety-02

ハンコックタイヤは、溝のパターンと接触曲線の研究により、常に最適なグリップ力を維持するタイヤを開発しています。当社は、濡れた道路でドライバーと同乗者をいかに守るかを常に研究しており、開発された技術の一つにストーン・イジェクション・テクノロジーがあります。これはタイヤの溝パターンに段状の層を形成して、小石や石が溝の中にもぐるのを防ぐ技術です。ハンコックタイヤは、タイヤの形状を解析し、改造して、高速走行時の形状変化を最小限に抑える、ダイナミック・プロフィール・コントロール・テクノロジーも活用しています。

ハンコックタイヤは、さまざまなシミュレーションテストを通じて、路上でタイヤと水がどのように反応するかを検証しています。また、当社のG’Trac性能試験場の直線とカーブのコースには、ハイドロプレーニング試験用の区画も設けています。

雪面のタイヤの安全性において、メインの要因となるのがタイヤのゴム配合とシリカです。シリカは、当社の冬用タイヤに使用され、濡れた路面のスライディングを抑え、走行抵抗を減らします。また冬用タイヤのゴムは、マイナス7℃の気温でも、タイヤが硬くならずに柔軟性を維持し、最高の性能を示すように、特別な配合比で混合されます。

冬用タイヤは、カーフと呼ばれるジグザグのパターンが、タイヤと雪の摩擦を最大に高め、安全性を高めると同時に運転操作を改善します。従来よりタイヤのカーフは平面ですが、ハンコックタイヤは垂直形状を加え、立体の溝パターンを開発しています。この3Dカーフは、雪や氷で覆われた道路以外に、濡れた道路や乾燥した道路においてもタイヤの性能を高め、タイヤの摩擦、ブレーキ、グリップにプラスに作用します。

hankook-safety-03
hankook-safety-04
hankook-safety-05

TOP

It is