当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

競争力に磨きをかける

ハンコックタイヤの目的は、ポジションを強くし世界のトップタイヤ企業になることです。当社は、グローバルブランドとしてのプレゼンスと技術の強みを大きくし、効率と環境持続性を最大化する効率性の高い組織構造を通して、これを達成します。

ハンコックタイヤの目的は、ポジションを強くし世界のトップタイヤ企業になることです。当社は、グローバルブランドとしてのプレゼンスと技術の強みを大きくし、効率と環境持続性を最大化する効率性の高い組織構造を通して、これを達成します。

プレミアム・グローバル・ブランド

ハンコックタイヤは、1941年韓国にて高い目標を目指すタイヤメーカーとして産声をあげました。当社はそれから70年にわたり、世界市場で力強く競い合い、世界のトップクラスの自動車メーカーと提携し、世界トップレベルのタイヤブランドに成長しました。当社は、ブランド価値を高めるため、標準的な業界慣習を飛び越え、世界市場でのビジネスプレゼンスを拡大するため、積極的なマーケティングとインパクトのあるモータースポーツの後援、スポーツマーケティング、モーターショーへの参加を通してコミュニケーション活動を推進しています。

顧客のより身近に

ハンコックタイヤは、世界中のお客様に適正なサービスを提供する努力を続けます。当社は韓国において、ドライバーに総合自動車サービスを提供する小売り店チェーン、「T’Station」を立上げました。当社は、韓国市場への挑戦で学んだ経験から、物流ブランド「Hankook Masters」を拡大し、便利でタイミング良く、迅速に顧客サービスを行う最高のサービスをグローバル市場に示しました。

最先端技術

ハンコックタイヤは、最高品質標準を維持することに、頑なにこだわってきました。そのために当社は、5つの戦略的場所、韓国、米国、日本、中国、ドイツに開発センターを設立し、先進国および新興市場両方で最高品質のタイヤを開発することに注力して来ました。さらに当社は、世界の経済危機にもかかわらず製品開発に投資するという約束を守り続け、最近新たな品質レベルの達成を示す新しい中央研究所の建設計画を明らかにしました。当社の強い研究開発への責任感によって、当社のタイヤは世界で最も権威あるタイヤの刊行物から力強い書評を受け、当社は世界7番目に大きなタイヤメーカーとなりました。

品質、サービスとブランド価値に加え、タイヤ業界の環境問題に対する関心が大きくなり、燃費、ウェットグリップ、騒音レベルなどタイヤ性能テストに関する環境規制が現在公表されています。ハンコックタイヤは、国際環境規制に厳格に従い、顧客が当社の製品品質と環境問題の自覚への責任を評価できるよう、グローバルタイヤ性能ラべリングシステムを採用しました。

将来の成長のためのグローバル・マトリックス組織

世界中での質の高いサービスへの鍵は、グローバル本部と当社地域本部とのシナジー効果にあります。ハンコックタイヤは、地域本部が有機的に戦略を実行に移し、シナジー効果を最大にできるグローバル・マトリックス・システムを運用します。このシステムでは、グローバル本部は、戦略的リーダーシップを発揮する一方で、地域支店は、その地域向けに戦略を策定し各々のマーケットに適した製品とサービスを提供します。グローバル本部がグローバル・マネージメント・システムを統合し、インフラ整備を標準化する一方で、各々の地域支店は、カスタマイズした生産、販売、物流システムで独立した機能を果たします。ハンコックタイヤには、高効率であり、このような販売構造に優れており、どこのマーケットでも顧客が完全に満足する、このシステムを強化する責任があります。


TOP

It is