当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

成長戦略

当社は、この上ない成長の強固な基盤を築いてきました、そして、世界の自動車産業の将来を先取りし、前に横たわる機会に合った最適な戦略を実行することを通して、その基礎から着々と拡大しています。

当社は、この上ない成長の強固な基盤を築いてきました、そして、世界の自動車産業の将来を先取りし、前に横たわる機会に合った最適な戦略を実行することを通して、その基礎から着々と拡大しています。

「2020年のビジョン」

ハンコックタイヤは、タイヤ生産能力では世界5番目、販売では7番目になるまでに成長しました。当社には世界に、7生産拠点、30販売支店、5研究開発センターがあります。これは、チャレンジ、責任、ハードワークというハンコックタイヤ精神によってもたらされました。当社のビジョンは、止まることなく世界のドライビング産業をリードし、顧客価値と喜びを提供し、世界のトップグローバル企業となることです。

スケールメリットへの資本投下

ハンコックタイヤは、世界中で戦略的立地の大規模工場を基にスケールメリットを最大化しました。ハンコックタイヤは、韓国、中国、ハンガリー、インドネシアの4カ国で大量生産を行い、180を超す国々へ効率的に製品供給します。ハンコックタイヤは、大田と錦山の生産設備を拡張し、世界最大のタイヤ生産工場を構築しました。

急速に発展する中国市場を、韓国での成功を再現する第2の「ホーム」とすることを目指し、これらの生産工場は、刻々と変化する地域での強固な地位を維持するうえで最も重要な工場となっています。ハンガリーとインドネシアの工場はまた、ヨーロッパとASEAN地域の新市場に参入し成功する基礎となりました。さらに当社は、サプライチェーン管理システムを改良し、いつどこでも顧客が要求する製品を供給しました。このようにしてハンコックタイヤの持続的成長の基礎が作られました。

成熟市場でブランド価値を、新興市場でシェアアップを

それぞれの市場に対するカスタマイズ戦略は、ハンコックタイヤが過去70年こだわってきた主要な基本方針であり、真価を発揮しています。当社は、多くの市場で比較的新しい新規参入メーカーとして、存在感を増し、高品質製品と積極的投資戦略を通してブランド価値を高める一方、急速な経済発展の可能性を大きく秘めている新興市場では、シェアアップを狙っています。当社の計画は、大きな需要が予測される地域で生産を拡大し、長期の地域発展と市場支配を醸成することです。

設備投資の増加

戦略的な設備と研究開発への投資は、ハンコックタイヤの持続的成長を後押しする力であり、世界一の品質と生産性の高い業務はその結果です。当社は2012年、この戦略と相まって、インドネシア工場と中国工場で生産開始と研究開発の拡大に着手し、近ごろ大田で、技術リーダーシップへの責任を示す、新研究開発設備を設置する計画を発表しました。さらに当社は、統合グローバル管理システムのアップグレードや人材の強化など有形、無形資産の両方に積極的投資を行っています。


TOP

It is