当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

成功公式を活かす

ハンコックタイヤには、競争力を増す独自の方法を見いだしたという、誰もが認める歴史があります。当社の企業家精神と困難な課題を克服したいという意思に基づき、会社を世界的な大手タイヤブランドへと形作ってきた成長と変革の強固な基盤を構築しました。

ハンコックタイヤには、競争力を増す独自の方法を見いだしたという、誰もが認める歴史があります。当社の企業家精神と困難な課題を克服したいという意思に基づき、会社を世界的な大手タイヤブランドへと形作ってきた成長と変革の強固な基盤を構築しました。

最適生産性と効率

ハンコックタイヤの生産性と効率は、全生産プロセスにわたり、群を抜いています。当社は、大量生産とグローバル供給システムから恩恵を受けた最初のタイヤメーカーであることを広く認められ、世界での地位を向上させました。グローバリゼーションがまだ馴染みがなく、タイヤ産業が小規模生産設備で地域の要求を満たせなかったころ、すでに当社は、戦略的に大規模生産設備と効率的グローバル供給ネットワークを開発することでステップアップすることができました。ハンコックタイヤは、生産性と効率を同時に最大化し、180を超える国々の顧客へ迅速に供給することを約束しました。

多様化するグローバル・ポートフォリオ

ハンコックタイヤブランドは、5大洋、6大陸にわたる多様化したグローバル・ポートフォリオを有しています。ハンコックタイヤは、世界を5地帯に分け、それぞれに対して個別の戦略を立案し、先進国と新興国両方の自動車市場で安定成長を果たしました。1997年のアジアの流動性危機、2008年の世界的金融危機、ヨーロッパ金融危機などの厳しい経済的苦境の最中でさえも、ハンコックタイヤが着実に成長したという歴史は、世界経済の苦難に絶え間なく対応するに十分柔軟で安定なビジネスを構築できるという証です。

ブランド価値の向上

世界経済と自動車市場の問題を先読みする能力によっって、ハンコックタイヤは現在の姿になりました。タイヤ産業は、モータリゼーションの時代に急速に成長し、1980年代にはリストラ、1990年代にはグローバルブランドを中心にした市場改革の波を受けました。当社は、効率的に将来を分析し、世界中のマーケットに向けて進歩を加速させグローバルブランドとなりました。2008年の金融危機により、先端市場では顧客が合理的消費を求め、一方で新興市場の顧客が製品品質とブランドを強調し始め、ハンコックタイヤはさらなる変化を強いられました。ハンコックタイヤは、並はずれた洞察力と技術で、再度ブランド価値の向上に向かって大きな一歩を踏みだします。

新市場での企業家精神

ハンコックタイヤ創業以来、当社の企業家精神は、新市場での成長に対する推進力になりました。さらに、トップマネージメント間の、問題を克服しようとする意志によって、成長し続けることができました。当社は、中国市場に進出した最初のグローバル企業として、現地化戦略を通してトップタイヤメーカーとしての地位を強化しました。当社は、ロシア、中央・南アメリカ、インドネシアの新興市場での成功により、世界から賞と表彰を受けました。その1つは、2012年のハンガリー政府からの功労勲章で、ヨーロッパ市場と地域社会に利益をもたらした生産設備の設置、という成果に対するものでした。

堅実なバランスシート

ハンコックタイヤの公正で健全な財務構造によって、信頼され、成長し続けていくことができました。2014年末、当社の負債、レバレッジおよび自己資本比率は、それぞれ84.2%、26.9%および54.3%でした。当社は、2013年時点で、ここ10年間での年成長率13%を記録し、欧米の景気後退をものともせず、労働力と経費の最適化に対する努力によって成長しつづけました。

さらに当社は、企業責任と株主利益に重きを置く、明白な財政管理システムを維持します。当社の安定した財務構造は、世界で当社のブランド力向上を可能にする再投資の基盤です。


TOP

It is