当サイトではクッキーを使用しています。このサイトをご利用の際は、Cookieの使用に同意された場合のみご利用ください。 ここで、より詳しくご覧ください

close

コーポレートガバナンス

ハンコックタイヤは、分かりやすく責任ある企業原則を持続するため、広範な倫理的問題を認識し扱うコーポレート・ガバナンス・システムを持ち、会社をより良く管理し全てのステークホルダーが恩恵を受けられるよう意志決定します。

ハンコックタイヤは、分かりやすく責任ある企業原則を持続するため、広範な倫理的問題を認識し扱うコーポレート・ガバナンス・システムを持ち、会社をより良く管理し全てのステークホルダーが恩恵を受けられるよう意志決定します。
Suh, SeungHwa

ソ・スンファ

ハンコックタイヤ副会長兼CEO

  • 取締役会会長
  • サステナビリティ委員会会長
  • 非常勤取締役指名委員会委員

ソ・スンファが、ハンコックタイヤ副会長兼CEOを務めています。

42年のキャリアのすべてをハンコックタイヤに捧げてきたソ・スンファは、1973年に新規採用者として入社して以来、社の発展に大きく貢献してきました。

副会長兼CEOとして、ソのマネージメント哲学は2つの根本的な価値観に基づいています。まず、お客様に最高品質の製品とサービスを提供すること、そして従業員の結束を強化することです。この2つの価値観によって、ソはさまざまなチャレンジで社を牽引することができ、ハンコックタイヤを、世界でもっとも先進的で野心的なタイヤ会社の1つとして確立させました。

2007年より、ソ・スンファがハンコックタイヤCEOを務めています。この間、ソは国際競争力の強化により、社の世界での売上と営業利益を劇的に増大させることに専念してきました。さらに、主なプレミアム自動車メーカーとの継続的なOEタイヤ供給契約を確立することで、社のブランド価値を一貫して高め、同時に韓国、中国、ハンガリー、インドネシアの4か国に7か所の大規模なグローバル生産拠点を建設しました。ソは、社の革新的な流通チャネル戦略のキーパーソンで、その革新的戦略は、卸売から収益性の高い小売業とのパートナーシップをより重視する方向性にシフトした点に見られます。アメリカ、ヨーロッパ、中東およびその他の国々での長年のマネジメント経験から、ソはハンコックタイヤの事業の国際化に著しい役割を担っており、社をLeading Global Tire Companyの地位に導いています。

  • 副会長兼CEO(2009年~現在)
  • 社長兼CEO(2007年)
  • 社長兼ヨーロッパ本部COO(2006年)
  • 取締役副社長兼CMO(2003年)
  • 取締役副社長兼海外営業本部長(2001年)
  • ハンコックタイヤアメリカ本部COO(1997年)
  • 海外マーケティング事業本部長(1992年)
  • ハンコックタイヤ入社(1973年)

TOP

It is